逆回し、補修紹介。

さて、どこを直したでしょうか?

違和感あるかな?

 

 

それでは、一人前の工程です。

ベース色も無くすと。。。(逆回しですよ)

こちらが、依頼の状態。

”色つけてください” ということで、どこまでするかな?と、10秒迷いましたが、やはり製品状態まで書くべきだよな。と思いやってみました。

流石にこの柄の木口テープは無いよね 笑

関連記事

  1. Pタイル欠け補修

  2. 室内ドアの陥没補修

  3. 家具のガッツリキズを直します

  4. 収納扉の表面材剥がれ補修

  5. 人手不足の話

  6. 壁紙の汚れ落とし

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。