見た目より大きい床の傷

カッターと比較してみました。

意外と大きい、そして深いキズです。

実は深い傷というのは、補修ではあまり難易度は高くなくて、

表面が仕上がれば、中身はどんなでもいいじゃないですか。

いや、手を抜くということでなくて、中身はそりゃしっかり固める作業をするわけですが、

やっぱり見た目が大切なわけです。

で、埋めました。ベース色染めました。

あとは、柄っぽい処理をして、目立たなくなれば完成です。

関連記事

  1. 普段と違うことをするとやっぱり出来が悪い話

  2. 床のゴリゴリ傷(今、命名)の直し

  3. 鹿追にてガラスの傷直し

  4. テクスチャーで見た目復活!

  5. twitter アウトソーシングという考え方

  6. 色つけるだけじゃイマイチだよね