小さいですが手間のかかる模様

木目というと写真で言う茶系色のくっきり模様が入っている方のことのように思えますが、今回の白い側の方でも細かい模様は入っていて、やはり単色をペロッと塗るだけではバレるんですね。

補修の着色再現では、結局同じ模様をどれだけ作れるかが品質の差につながっていて、自分のテクニックが自己分析できていて、工程を考えてやりきるだけの話なんだと思うんですね。

ですから、できる人は当たり前にできるし、出来ないとして手を付けない人はずっと出来ないし、

何事もそうですが、誰しも初めての1回があるわけで、気持ちの問題かしら? とかいう結論で今日はしめまーす。

関連記事

  1. 収納扉の表面材剥がれ補修

  2. IH調理器の枠金具の小キズ

  3. Pタイル欠け補修

  4. 取り付け穴が間違った問題の補修

  5. 灰皿焦げ跡直し

  6. 取り付け用穴を埋めたい!