塗装のヌケをカバー

集成材の塗装物。ガッチリ塗装でなくて、透ける感じのうっすら塗装。

加工時に少し色が抜けちゃったのか、端っこの白感が薄い。

というのをフォローするお仕事。

ポイントは木目を消しきらず、透けさせて、かつ同じ感じの白で塗るというところ。

文章で書くと、気をつけるポイントがあって難しそうですが、現場ではなんとなく塗ったらうまく出来たなあと思い出し。

最近は結構勝手に手が動くなあと職人っぽいことを考えます。

技術の引き出しもっといっぱい作ろう。

関連記事

  1. クリアーカラーの塗装は楽しいですよ

  2. 洗面化粧パネルの傷

  3. ヘルメットのマーク消し

  4. パネルヒーターの傷

  5. クッションフロアに突き刺さったドライバーの傷補修

  6. 豪邸の夕時は直しにくい話