お風呂の壁パネルの表面欠け

ほんの米粒程度の欠けでして、なにか先端当たっちゃたんでしょうね。

写真もどこ?って感じでしょうけど(写真はいつも真ん中あたりで撮ってますのでわかりやすいか?)いつもガン見するわけではないので、生活目線の感じで撮っています。

さて、素材はヒビが入っているわけではなく、2ミリほど吹っ飛んだ感じ。お風呂パネルなので中身は鉄板が仕込まれていて、強度的には考えなくても良い程。表面処理だけすれば良いってことです。

なるべく密着良くなるようにとか、詰め物がしっかり入るようにとか考えて、下地処理。

埋めて研磨したところ、若干色違いがありまだ目立つので、着色。

と、欠け感がわからなくなったところで終了。

関連記事

  1. 玄関ドアの凹み補修

  2. さくっと 床剥がれ補修

  3. 激しい凹みキズとか、補修痕のやり直しとか

  4. 蓄熱暖房機の変色を塗らずに綺麗にできる?

  5. アルミ製フェンスの補修

  6. クローゼット棚板の取り付け不良