接着剤と線状の傷

ネダボンド

ウレタン樹脂系接着剤

完全に硬化すると溶けません。削って除去。

まあ、削り方もいろいろありますので、取れないことはないです。

しかしちょっと間違って床そのものを削っちゃうと、傷になっちゃうので補修屋の仕事ですね。

線傷

力はかからなかったんだろうけど、何かが当たってしまって引きずってしまった傷。

接着剤と逆で、線状の部分はへっこんでるので、埋めなきゃだめな傷。

どちらも最終的には、周りとの調和が大事。

違和感なく仕上げる仕事。

関連記事

  1. キャンピングカーの木部補修

  2. 建材接続の段違いを補修する

  3. 蓄暖天板塗装

  4. 普段と違うことをするとやっぱり出来が悪い話

  5. サッシ調整した傷を緊急補修

  6. コーナー飾り枠のシミが有りまして(シリーズ)

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。