接着剤と線状の傷

ネダボンド

ウレタン樹脂系接着剤

完全に硬化すると溶けません。削って除去。

まあ、削り方もいろいろありますので、取れないことはないです。

しかしちょっと間違って床そのものを削っちゃうと、傷になっちゃうので補修屋の仕事ですね。

線傷

力はかからなかったんだろうけど、何かが当たってしまって引きずってしまった傷。

接着剤と逆で、線状の部分はへっこんでるので、埋めなきゃだめな傷。

どちらも最終的には、周りとの調和が大事。

違和感なく仕上げる仕事。

関連記事

  1. マンホール補修!?

  2. 営業車のご紹介

  3. 磨き処理(ポリッシング)の話

  4. 上場会社の技術技能研修と上場会社の業務継承説明会の話

  5. 追加工事!

  6. 陽射しやらなんやらで傷んだ床の着色補修