床のピンネイル除去について

今年最後の補修紹介にしましょうか。

床から飛び出したピンネイルです。

おそらく元はこんな感じ

これ、無理やりペンチなどで抜くと周りが引っ張られてダメージがでかくなります。

僕ならこのくらいで抑えますかね。ダメージはより小さい方がもちろんきれいに直りますので。

まずピンが面に対して出ている場合(際どい場合も)万が一出てくると危ないので、2〜3ミリくらいは削りたいところです。が今回はOK。

なので、下処理だけして埋めます。

ピッタリ色が良いですが、今回はこのくらいでスタート

ベース色、グラウンドカラーに着色調整。ココからは失敗すると失敗したなりの仕上がりにしかなりません。

あとは、木目色書く! と、わからんです!

いい出来!いい出来で今年は終わります!

来年もよろしくお願いします。

関連記事

  1. やばい!面白いfaxがきた件

  2. さくっと 床剥がれ補修

  3. 出張施工 どこでも いつでも

  4. キッチン造作カウンターの接続部が粗いんですが大丈夫です。

  5. シルバーの木目を書いた話

  6. 扉の表面剥がれの補修