洗面台のプラ割れが直せるかと言われれば。。。

そりゃ直しますよ!

場所はこんなとこ。10ミリ厚くらいのプラ素材。完全に割れ入っています。

ドライヤーの熱変化? うーんわかんない。

すっごく細かい亀裂が多数入っているんですよね。

とある融着処理で亀裂を塞ぐ。

サンディング → 充填 

  ↑ ← ← ← ↓ 繰り返しをして サフを塗ると、溶剤反応で若干伸縮。

パキッとかいう音とともに開きやがった! ので、また振り出しに戻るを3回ほど繰り返し。ううっ

 

なんとか治まって、色づくり

サラッと塗ったり、ガッツリ塗ったり、最後にふわっとぼかして、さらに最後にクリアーで保護膜形成

入居準備OKです。

今の所、溶剤しか使ってないですが、水性もう一回研究しなくちゃなと思った日。

プラに溶剤とかめちゃくちゃ溶けますし。いや、溶けない吹き方でやってるんですけどね。

ただねえ。水性凍結しちゃうんですよね。

関連記事

  1. 営業車の荷台改修をした話

  2. 暖房機の表面塗装とかの話

  3. ロゴが出来たからいろいろアップデートしなきゃな話

  4. 久しぶりにスキーをして、力の入れ方の重要さを思い出したんだ

  5. 試される大地始まりましたね

  6. 営業車のご紹介

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。