表面が剥がれて塗装だけでごまかすという事

例えば襖で

ペットが表具を引っ掻いてちょいちょい剥がしてしまったり。

ほんの一部なんで張り替えたくないなあとか

塗りましょうか? ってご提案です。

そのまま、適当な白を塗っても ”ああ、塗ったのね”ってなるのですよ。

まずは尖ってバリバリの所は剥がします。

尖っている所は影を作りますしね。手触りも良くないじゃないですか。

もちろん、剥がれ箇所は拡大します。

それで、色を塗ります。ガンバって同じ色を作ります。

真似しようと思っている人、ここ頑張りどこですよ!頑張れー

で、頑張るとほぼほぼわからなくなります。

木目柄編ですよ

いろいろ色が入っていると、ちょっと難しいです。

まあ、バレなく爽やかさが出ることを目標にね。

貼物は経年劣化で表面素材がぐずぐずになって、セロテープでも剥がれちゃいます。

最近のビニール製はそうはならないのかな? ちょっとわかんないんですけど

頑張ればこのくらい離れて全くわからなくなりますが、そこは予算との兼ね合いですね。

完璧高予算 〜 爽やか低予算 ご要望にお答えしたいです!

関連記事

  1. 何かに見えるシミ。。。

  2. シルバーカラーの違いをちょっと

  3. ダイヤモンドビットの使いドコ

  4. ちょっとミス系の補修の話

  5. 床のシミ補修。難しんですよ。。。

  6. 壁紙の色抜け補色

最近の記事

おすすめ記事1 おすすめ記事2
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 登録されている記事はございません。