白は白すぎてもダメという話

階段補修です。

建材で表面に柄がプリントされている素材

下処理をして白の充填剤で埋めるとこんな感じ。

まあ、厳密にはこれでもまだちょっと色が入っていて、純白ではないんですが。

で、これだとまだ方面が削れて中の白いのが見えてる感じ。

対策?というかなんというか結局はおんなじ色を作るしかないんですよね。

ちょうど都合のよい色ができるとこうなります。

スミマセン。やっぱりこうすれば良いというHow toでませんわ

おんなじ色が作れたらこうなります(2回目!)

関連記事

  1. サッシの網戸枠の塗膜傷

  2. (お知らせ)自動車系の事業終了いたします

  3. アルミサッシのビス穴傷(集中)

  4. 久しぶりにスキーをして、力の入れ方の重要さを思い出したんだ

  5. ブログを書き溜めして予約投稿していた話

  6. がっちゃがちゃ床補修