木のテクスチャーと塗料の色を作る

傷が凹んでいればパテなどで埋めて整形するのですが、パテを削って平らにするだけじゃ明らかに埋めましたねって感じで違和感が出ちゃいます。

一手間加えるとよりわからなくなるよねってお話

まずは直したい(埋めたいところをマーク)

パテ埋め整形します

で,模様を彫り込んだりいろいろ(アップ)

色はその場で作ります。

仮にメーカー品で純正色とかでも日にちが経って焼けたりすると違う色になるのでちょっと調整がいるんですよね

整形しないで着色だけでも目立たなくはなりますけど、角ばっているパーツはなんか “ビシッ”としてよりきれいに見えて直していても気持ちが良いです

関連記事

  1. いろいろなんとなくな日(雑記)

  2. 金属枠の傷補修

  3. ビルドイン食洗機を入れ替えた話

  4. 消えるシミ消えないシミ

  5. もし1年で一度だけ車をキレイにするならいつか?

  6. フローリングの表面剥離接着