サッシのチョイキズ補修

今日はチョイキズですが、傷が深ければパテを盛って整形しなければいけませんし、浅ければ研磨だけでなんとかなる場合もあります。

アウトかセーフかは、さすがに触ってみなければわからないことが多いですが、写真は無いよりあったほうが良いので、ご相談の際にはどうぞご準備ください。

で、今回はギリセーフな件でして、とても良かったです。

 

ただですね、サッシによってはウレタン塗装で仕上げてあるものと、ラッカー系で終わっているものとあって、

おそらくラッカー系のほうが安いんでしょうが、シンナーで汚れを拭き取った時に溶けちゃう場合があって、注意が必要です。

そんなこんなで、汚れ落としそのものも、不安がある場合は適切に処理しますので、どうぞそのままでご依頼下さい。

関連記事

  1. 窓ガラスの交換でサッシのパーツが割れることがあるらしいですよ…

  2. 押入れのビス穴埋めですよ

  3. IH調理器パネルの汚れとは?

  4. タッチアップと吹付け塗装はこのくらい違います

  5. 建材が水分を含むと膨らむ物があります

  6. 韓国系日本人という生き方