玄関ドアの一皮剥けた傷

今どきの大手メーカーの玄関ドアはどんな構造でしょう?

構造というと大げさですが、内部はもちろん金属でアルミが主流でしょうね。

そしてアルミそのものではデザイン性が乏しいので、柄があるわけですが、ビニール系のシートが巻いてあるわけです。そしてこのように木目調などのドアを表現しています。

今日の補修で言いたいことは、アルミに巻いたビニール素材が傷がついてめくれてしまうと、普通の直し方だときれいに直った風に見えませんよってこと。

テスト写真とか準備すればよかったですね。

こんなめくれ傷にタッチアップで色付けしてきれいになりそうですか?

逆に金属用パテを使います?普通のパテなら無難に行けるかも。硬化後研磨着色?ちょっと時間がかかり過ぎじゃないですか?

今日は種明かしはしないのですが、こんな場所で都合の良い素材がありまして、結果きれいに直りますよってことが言いたいだけです。それほど時間もかからずに、耐久性も良くて。

今日はそんな謎な、でもおまかせださいってネタでした。

関連記事

  1. 10年後の仕事図鑑

  2. さくっと 床剥がれ補修

  3. まだ雪多く寒いですが外補修やってみた日

  4. 細かい入隅角の研磨はホントむずかしい

  5. はじめから補修をあてにしてもらってもいいですよ

  6. タッチアップでわからなくとラッキーです