溝にビスを打った場合

造り付け家具を固定する場合、どこかでビスを打ちますよね。

ビスを打つことまで考えて設計されていて、そのビス跡を隠せる構造であれば一番素晴らしいでしょうが、そこまでは考えないでしょうね。

おもむろに打つのは抵抗あって、今回のように溝に打った場合、このように両側が傷が付き、まあそれでも目立ち度は少ないわけですが、もう少し直したいという事例です。

直す側としては、修正ポイントは小さい方が良くて、この打ち方は実はアタリです。

チョチョイのチョイでこのように、目立たなくなります。

関連記事

  1. アルミ研磨写真を並べてみました

  2. 地域のお祭でした。

  3. エアロパーツ外し

  4. 和室関係!

  5. シャワーのパーツ交換

  6. 愛車のボディーきれいですか?