床剥がれ補修

小さそうに見えて、20cmほどの剥がれた床

あと、見た目より全体的に劣化感があったのですが、まあ逆に言うと傷が目立ちにくい色柄ということですね。

剥がれのところには透明テープが張ってあり、剥がれが広がるのを防止していて、これはナイス判断!

僕の作業の下処理でテープの糊剥がしの手間が増しますが、剥がれ傷が広がるより相当楽です。

もちろん施工費も圧縮されますしね!

2時間ほど格闘してこの感じの仕上がりになりました。

関連記事

  1. 日焼けで色抜けの床をなんとか色を入れる補うと

  2. 建材と床の合わせ目のエラー

  3. お仕事のバトンリレー

  4. 工法を途中で変更することはよくあります

  5. 自分を知ってもらうための発信という行為って

  6. ホイールリペアやってます