田端信太郎という男

現在スタートトゥデイ社に勤めているエクストリームサラリーマン

エクストリーム?

エクストリームスポーツとかXGAMEとかそんなの考えてください。常識を超えた過激なスポーツ、周りから見てると危なっかしいが本人にはギリギリ制御できていて、リスクは高いがその分熱狂度はハンパない。

それを文字って表現しているわけですが、自分がやりたい仕事を求めて会社を渡り歩く。行く先々でどうすると仕事に熱狂できるのか、自分の価値が高まるのかもちろん所属会社に利益をもたらしながらです。

で、やはりインフルエンサーなわけですがツイートを見ている限り筋は通っている。

経歴

NTTデータリクルートライブドア→LINE→スタートトゥデイ

1975年生まれの42才

42才でやりたいことを求めて会社を渡り歩く。カッコいい

基本的に勤め人。自分のやりたいことをしようとすると普通起業して上場を目指したりするわけですがサラリーマンでいる。自分で起業してトップで背負うものが出来るとそれを捨てれずにやりたいことが直ぐに出来ないからだと言います。バイアウトすればいいと思いますがその時間すら無駄と思っているんでしょうね。

で、なんでこんな男とのことを語るのかと言うと、まあ面白いからなんですけど。

フリーランスとしては若干過激な方が未来の指標になるんですね。

インフルエンサーの発言を真似して実行する2番手3番手が出てくる。その考えだったり行動が主流になる。

効率化されたりすると少しマイルドになるわけですが。

6/12の記事 批判に屈するな! ZOZO 田端信太郎 7つの提言 コレを見てもらえればどんな人間かより分かると思います。興味のある方はどうぞ

 

話をちょっと曲げて、そんな田端氏が今年の2月にスタートトゥデイ社に移籍

スタートトゥデイ社といえばZOZOです。ZOZOスーツ

ZOZOスーツが発表されたのが201711

ZOZOスーツレビュー にも書きましたがこのときからスタートトゥデイすげーと思っていましたが(その前はまあまあ使いやすいファッション通販会社くらいの認識でした)実は田端氏が移籍を公表した時に株買ってみました。

100株だけですけどね。

で、それが今やこんな感じ。3ヶ月で+50%ってすごいでしょ

まあたまたまちゃあ、たまたまなんですけど一応僕の中では田端氏のような人間が移籍したいと思う会社は強烈に伸びる要素を感じてるからと思ったから。

こんな理由で投資しちゃ本来ダメなんですけど、普通にやっていても今どきアルゴ取引には勝てませんしね。

所詮株取引は人気投票なわけですから。っていう成功例でした(今の所)

 

ところがですねえ、気を良くして同じような理由で買った楽天は

ダメでした 笑

こちらは①ちょっと割安(らしい) ②イニエスタが神戸に入った ←一番はココ ③移籍金は三木谷さん自費 ④多分楽天は宣伝に利用する

楽天市場は嫌いなんですけどね 笑

 

 

さてタイトル画像。そんなスタートトゥデイ株主総会招集通知が来ました。カッコいい

総会には出ませんが、幕張メッセだし

資料は勉強のため読む BS

専門的は語りませんが、売掛金 25,218百万円 って 笑

スタートトゥデイ工務店って。。。

楽しく拝読いたしました。

関連記事

  1. ちょっとミス系の補修の話

  2. 床のザクザク傷

  3. 確定申告とか読書とか

  4. 新年度は床材張替え後の補修から

  5. ペットの爪研ぎらしき巾木ダメージの補修

  6. 収納扉の表面材剥がれ補修