NintendoLabo レビュー

乗るしかないこのビックウェーブに! って事で話題のニンテンドーラボ 買ってみました。

ラボつながりですしー 謎

で、もちろんこれでガンガン遊びたいわけではなく

①どんな仕組みで動くのさ?

②ダンボール壊れないの?

③子供どんだけ夢中になる?

こんなところに興味

 

さて開けますと、ダンボールだらけ。あとソフト1本

ちなみに紙の取説などすでに廃止されているんですよ。

で、ダンボールの組み立て方の解説をソフトで画面を見ながらやる。

これがもうね、わかりやすいんですよ。そりゃ子供が出来るわけですから。組み立て方も画面図解で回転、拡大何でもあり

ダンボール組み立てそれ自体も子供は楽しい。所要時間120分とか

30分毎位でちょっと休憩しようとかの提案もあってやさしい!(しかし子供は休まない 笑)

おうち完成!

ゲーム内容は皆さんあまり興味はないでしょうから割愛

ざっくりいうとダンボールパーツのスイッチを動かすと画面のキャラに動きが出て、アナログ+デジタルが新鮮!って感じ

どんな仕組みなのさ編

おうち編で言うとスイッチパーツにラメテープを何箇所か貼ってます。

おうち本体にジョイコンをぶっ刺して遊ぶのですが、このジョイコンの底にはモーションIRカメラが付いていて、ラメの光の変化を感知してそれを信号にしている感じ。

 

ちょっとぐぐってみたら、2月1日の特許でこんなのも出していて

【公開番号】特開2018-18405

【公開日】平成30年2月1日

【発明の名称】情報処理システム、ケース、および厚紙部材

【出願日】平成28年7月29日

【氏名又は名称】任天堂株式会社

スゲー やりて~ 笑

ゲームつながりの話ですがtwitter見ていたら、こんなツイートになるほどねって

ナイアンティックとはポケモンGOとか開発している会社です。

任天堂にせよ理念とかはとても重要

関連記事

  1. 固定ビズの誤魔化し方

  2. なんか余計なものが出ています

  3. 屋根のスレ傷対応と足場の話

  4. 木材は接着剤でくっつきますよ

  5. 引き戸の表面剥がれ

  6. 表面が剥がれて塗装だけでごまかすという事