素人補修でも応急処置は良いことがあるという話

帯広市内入居前賃貸物件です。

前の入居者がなんやら自分で直した跡を修正してほしいとのご依頼

実物こんな感じで色は違うし、もりもりだし面白い!笑

この感じ! めっちゃ練った感!

DAISOのこれじゃね? (ダイソー行ってわざわざ写真撮りました 笑)

こんな素人仕事でも、キズは放置すると広がるのでその意味では蓋をしておいたほうが良いことは間違いないです。

床なら靴下が引っかかって広がらないようにとか、ゴミがが入り込んで汚らしくならないようにとか

でもセロテープで充分だったりしますけど 笑

 

まあ、毎度のことですが他人の補修跡は全部剥がします。

ポコッと取れるあたりが素人さん仕事。まあ簡単に取れたのでむしろ良し!

4ヶ所ほど、1時間位で完了

 

ちなみにダイソーなどの補修材や接着剤

意外にも質は悪くないと思うんですよ。

っていうか、中国製は製造方法(レシピ)が決まっている物はむしろ品質良いです。

コピー能力は優秀ですし、品数ベースで言うと日本負け始めてるのは常識じゃないのかな?

昨日の集成材のように乾燥の管理が必要とか手間のかかるものはまだまだ日本製が優秀ですけどね

現実は受け止めるべきですよ。

関連記事

  1. インテリアコーディネーターさんのブログ内でリンクを貼られまし…

  2. 木材は接着剤でくっつきますよ

  3. 特別なエラー対処の話

  4. 浴槽割れ補修は強度確保が重要です

  5. ちょっとミス系の補修の話

  6. 北海道の住宅は温かいから半袖って話