浴槽のカケを上手に直しました

お風呂は以前に 蛇口周りの腐食 や 壁の腐食

などをやっていまして少し水がかかっても大丈夫かなって程度の部分はやっていました。

もっとも、外壁なども雨が染み込まなくする機能的な部分も考えてクリア塗装までやっているわけですから当然です。

しかしお風呂のご相談で多いのは浴槽で ”穴が空いたは何とかならないの” って聞かれたりしますが

なんとかなりそうだけどやりたくないよなあ と

理由は浴槽といえばお湯を貯めるわけですが、その ”水漏れ” の対策です。

表面をきれいに仕上げるのはすでに何とでも出来るのですが、水圧や体の接触の力の掛りに耐えられるか染み出さないかってのは全く保証できないです。

なんで ”きれいには出来ますけど水漏れ保証は出来ませんよ”としか言えないわけです。

 

今回は浴槽の上部 水漏れあまり関係ない部分

ここなら良いかなって思えたので触れせてもらうことにしました。

いつも通り埋めて塗って守る施工ですが、水対策用にちょっとした工夫をした事はやっています。

今回は洗い場の汚れ ちょっと欠けも有り も同時ご依頼

ポツポツは研磨で落ちそう、おっきな欠け穴は浴槽とついでにやればいいかなって感じ

アフターです。

きれいに仕上がってとても気持ちが良い仕事でしたが、いつもどおりお客様にいかがでしょうか?と尋ねた所

”きれいねーすごいわ、でもこれ滑らないかしら?”って

滑らない?  んーー 滑るかも

そうですね、大事なことでした。

一般的に塗装仕上げはツルツルで汚れが乗りにくくするのを心がけるものです。

幸いホイール塗装に比べてガッチリ肌を出す塗り方までしてませんでしたので ツルッツルまでしていなくて ツルツルくらい

もしお使いになってご不安でしたらこの後滑りづらい塗装など考えますので、一度お使いになってくださいというご提案をさせてもらって完了にさせてもらいました。

そんな、今後にもまた繋がる良いお仕事でした。

関連記事

  1. 床のビス穴直っていきます

  2. 外壁・サイディング 補修事例

  3. ホイールリペア ver.180911

  4. こんなホイールが直せます

  5. ガラスのキズが写らない話

  6. 手すり凹み傷