全くわからない補修とちょっとわかる補修

補修するときのポイントはあくまでも現地のその場所でキズがわからなくなることです。

時間=コストが制限されている中での作業ですのでいつまでもやっていいわけでなく、ある一定の合格点まで行けば終了します。

ですので、現場で ”もうわからない” って思えれば完了するわけですがその状態で写真を撮ると写真には若干の色の違いが出て ”バレる” わけです。

逆に言うと色もピッタリあって塗り方も抜群だと作業中でも ”どこだっけ” とわからなくなることがありまして最近はその率が高まって来ています。

簡単に言うと上手になってきてますって事で、当たり前に良い事なんですけど

そんな今日の一枚とその他2点ほど

 

濃い色はわかりにくくなりやすいです。比較的簡単

 

これは写真ではちょっとわかりますね

 

関連記事

  1. アルミのキズ消し磨き仕上げやメンテの話

  2. エアロパーツ外し

  3. 床変色補修 181015

  4. 人手不足の話

  5. 壁紙の汚れ落とし

  6. 木を塗装する話