蓄熱暖房機のパネル塗装

年に数度シリーズ蓄暖編です。

パネルに色がついた、模様が写ったなど、そのままでは次の入居者が決まらない(前の入居者の気配があるとイマイチなようです)

そんな困ったをなんとかしています。

見ての通り、マジックの落書きですよね。

油性ペンぽいので消してみる。思ったより消えなかった。でもやらないよりはずっと良い。

で、塗装するのですがよく見るとツブツブ見えません?

凹みののところは黒ずんでるんですよね。もともとの意匠なのか、生活汚れなのか、は解りませんが、塗るとペロッとなったこの感じは消えます。

なので、それが気にならないようにするが、このミッションのキモ。

 

 

一番塗った、汚れ部分。

その右で薄く塗る。

もっと右、ほぼ現況、と部分で塗り補修するときは少しずつグラデーションを付けるといいかな!と思っています。

全景でこんな感じです。もちょっと塗ったところが明るいかも

完成アップ

関連記事

  1. サイディング補修始めました!

  2. 天板横面塗装仕上げの凹み傷の補修

  3. しょぼい画像編集のお勉強をしていますよ

  4. 木目柄収納扉のキズ補修

  5. カラークリアーで色合わせ

  6. タッチアップと吹付けの違い その2