アルミ研磨写真を並べてみました

アルミホイールのアルマイト加工のキズ補修

何度か紹介していますがテストを兼ねて写真公開

 

1枚目は400番まで完了したところから

ここまではドライサンド

ここからウエットで500番

800番

1000番

1500番

2000番

2500番

3000番

で、最後にコンパウンド研磨

ここで突然鏡面に光ります

ぱっと見、境目もわかりませんよ

通常こんなに細かく刻んでやりませんが、もちろん精度は良くなりますね。

取りこぼしがなくなるというか、ただ時間がかかり過ぎなので生産性が落ちるという

ということで一度写真に残してアップしてみました。

関連記事

  1. 隅っこは大変な話

  2. 浴室のカウンターの汚れを取り変えずにスッキリ

  3. サイディングのちょっとしたキズ

  4. 床の剥がれ補修

  5. さして難しくないドアハンドルのキズですが。。。

  6. 傷のような汚れの話