引戸の敷居パーツの破損修理

パーツは大体プラっぽいやつでして、部屋間を物を引きずって渡ったり、重量超過な物を乗せたりするとパキッとなっちゃうんですよね。

新築とかですと当然にパーツ交換にしちゃうわけですが、こちらはもう無いんだそうでご依頼いただきました。

直すとこんな感じですよ。まずは御覧ください。

もう一箇所ございまして、こちらは工程もご覧頂きます。

下処理をして、パテ盛り整形。当然ですが硬い素材を使います。

塗装。ちょうど良い色を作りたいですね。

新品でないということは、ちょっと汚れ色も加味しないと違和感なんですよね。

関連記事

  1. 塗装のエラーの話

  2. インセンティブと名誉職の話

  3. ダボ処理の話

  4. 営業車 部分塗装とシール貼付

  5. 筆塗りだけの隠蔽仕事

  6. 白は白すぎてもダメという話