見た目より大きい床の傷

カッターと比較してみました。

意外と大きい、そして深いキズです。

実は深い傷というのは、補修ではあまり難易度は高くなくて、

表面が仕上がれば、中身はどんなでもいいじゃないですか。

いや、手を抜くということでなくて、中身はそりゃしっかり固める作業をするわけですが、

やっぱり見た目が大切なわけです。

で、埋めました。ベース色染めました。

あとは、柄っぽい処理をして、目立たなくなれば完成です。

関連記事

  1. 表面材無くなっても作りますよ

  2. 傷のような汚れの話

  3. 水切りまるごと再塗装

  4. ガラスの目隠しシートがperfumeさん的な

  5. ホイールリペア スカイライン純正

  6. サッシがバキバキでも直ります