直せないモノもたまにあります。(弱気)

時間が掛かる物でも、直す方法が計算出来ていれば何でもお受けするようにしているのですが、

逆に言うと直し方が思いつかないものはムリなんですよね。

カーポートの屋根のの波板。ゴッツイのあるじゃないですか。

凹んだようです。

金属系の場合、ある程度まで叩いたり、引っぱったりしてパテ整形をなるべく少なくしたいのですが、この屋根って表と裏は表裏一体(まんま!)裏を叩けば表が飛び出る。いつまで叩いても終わりはないわけです。

削ったら?ってご提案もあったのですが、薄くなって良いの?って気もしますし。まあこれが出来ない一つの理由。

もう一つ。

パテ盛りなどしたら、色合いを視覚的に誤魔化したいのですが、この模様。

アルミの細かい破片が重なり合ったような。

これムリだなー。なんだろうな。ラメとかで誤魔化せないかなー

関連記事

  1. ダボ処理の話

  2. アフター → ビフォアー

  3. 施工方法を迷う大きさの床傷

  4. 続・続 工場改装中!

  5. 床のトップコート剥がれ直しました

  6. いろいろ考え過ぎは良くない話