木口の追加塗装

無垢でない建材は長手カットすると、構造体がモロ見えになっちゃいます。

それはアタリマエのことですが、それではそのままで良いかというと。。。良くないですよねぇ

今の建材は、まあフェイクなわけですが、表面は本物っぽいわけです。

それではカットしたときに見える面も、やはり本物っぽくするのが商品というものでしょうね。

というわけで、なんとかしてねってご依頼。

で、今回は和室なわけですが、和室は箇所箇所に白木やら吸い込みの良い素材が使われていて、そこに塗料が載ると除去ムリ〜になっちゃいますので、しっかりマスキング。

さて着色ですが、写真影っぽい。すみません。

和室のこのような部材。ピカピカ仕上げで、黄色がキラキラして見えるやつ。

っていうのをイメージして何層か塗り込みます。単色ペローンとは塗らないのですよ。

関連記事

  1. 本業でない事をなんとかやってみた仕事の話

  2. 普段と違うことをするとやっぱり出来が悪い話

  3. 結露が原因のシミがひどかったです

  4. 工法を途中で変更することはよくあります

  5. チョーキング合わせ塗装怖い!とか、1年8ヶ月前の施工に異常が…

  6. 床のザクザク傷