巨大テーブルのメンテナンス、再生といってもいいかもなお仕事

お訪ねしてびっくり。4800×1000ミリ 一枚物のとても素晴らしいテーブル。

ちょっと染みが気になるようになって綺麗にできるかな?ってご依頼で

無垢材は一皮むけば新品層が現れてきますから、もちろん可能ですよ!

ご依頼はもう一点。裂け箇所があって、味といえば味ですが、実用重視で引っかかりもあって嫌だから埋めて欲しいとのこと。いわゆるいつもの補修です。

あ、もう1点。なんか焦げちゃった場所が 笑

表面の劣化層をサンダー掛けて除去します

垢すりみたいなものですよ。こんな色違いが出ます。(左が垢すり後)

表面の染みも

染み浸透度によりますが、きれいになくなります。

裂けの場所はいろいろ下処理をした上で、パテ調色して埋めます。なるべく近い色になったほうが後が楽なんですよね。

色調整。この後、ちょっと想定外のことが。。。

全体サンダーが終わり、いよいよメンテンナンスオイルを塗ります。

今回はご希望もありオイルフィニッシュでとのことで、この銘木であれば僕もそうすべきだと思います。

チョイスしたオイルは天然素材の亜麻仁油ベースの物。この素材にあった良いものを是非使いたい。

まさか、この場でウレタン吹付けとか絶対したくない!笑

えっと、トラブルなんですけどね、先程の裂けを埋めて色調整をした場所。オイル上塗りしたら反射で色が全く合わないでやんの。まあちょっと予想はしていたんですけどね。

とりあえず乾燥待ち(12時間後)で色調整その2を実行。

オイル2度塗り。この後24時間乾燥。

3日目。仕上がり確認。しっとり〜

完成。素晴らしい!

僕もこんなに表情が変わるとは思っていませんでした。

お客様も色塗ったかと思ったって!

汚れを都度拭き取って貰えれば、2年はノーメンテ。また2年後にメンテさせてくださいね。

関連記事

  1. ラッピングシート貼付け

  2. コーキングもたまに頼まれます。

  3. テーブル脚の破損直し

  4. 玄関ドアのキズ2パターン

  5. ヘルメットのマーク消し

  6. kindleで読書しています。