縦枠と床の隙間埋めの手直し

今回は手直しの話。

枠と床の隙間。稀にめちゃくちゃ空きます。なんでだろう?

この現場は3回目の修正なのですが、床側のラインが入っている部分(1cmほど)空いちゃったってこと。

引渡し時は当然、空いているわけもなく、施工時期にも左右されるのかな?一番寒くて縮むときはリスク高いとか

で、埋める → その後少し開く、クラック的なヒビ(この時は入居されているので、室内で吹付けしたくない。とりあえず筆塗り) → ようやく換気できる時期がやってきたので、本格修正 って事。

めちゃ塗装

きれいに塗りましたが、ちょっと違和感。

もちょっと奥側マスキングしたほうが良かった。

でも隙間がイヤとのことで、しかも開くにくいように接着剤使用したりすると、直角成形90度でしょ。

それは無理なので、どうしても盛り成形になっちゃうんですよね。

で、それを避けてマスキングすると、ちょっぴりオーバー気味になるんですよね。

って言うことで、隙間埋めは難しい。

関連記事

  1. 暑い現場と寒い現場の話

  2. 青+黃+黒

  3. Pタイル欠け補修

  4. ロゴが出来たからいろいろアップデートしなきゃな話

  5. 窓ガラスの交換でサッシのパーツが割れることがあるらしいですよ…

  6. 浴槽割れ補修は強度確保が重要です