浴槽の欠け傷補修

FRP製だそうです。FRPそれほど詳しいわけではないですが、まあPPよりは扱いやすい。

FRP成形 → 塗装 って作りかしら?

こんな感じで、ヒビは無し。よかった!

でも、内部の硬さや粒子感がFRPっぽく無い。あくまでも僕の持っているFRPイメージですが。。。いろいろあるんあだなあとか感想。

引き画像。小さいですがわかる。まあ直さなきゃ案件ですね。

埋め。白系の特殊材料。これでわからなくなると良かったんですが無理でした。

 

着色。完成。

さて、傷がちっちゃくて作業総時間は対して掛からないんですが、浴槽のように生活で使用するリペアは強度も重視なので、硬い材料が必要なのです。

1日目、作業30分 → 硬化時間3時間(帰る)

2日め、作業1時間 → 硬化時間24時間(帰る)

3日め、作業時間1時間

っていう。。。という事で作業時間に比べて割高ですがよろしくお願いします。

関連記事

  1. 婚活セミナー?!

  2. ブログ用の写真を撮るためにきっちり仕上げてみたら、上手になっ…

  3. やばい!面白いfaxがきた件

  4. ハードワックスの色がぴったり作れると気持ち良い話

  5. 薄くて長い床の傷

  6. アフター&ビフォアー