ダイヤモンドビットの使いドコ

先端がツルツル。これはゴリゴリ使った後でダイヤモンド無くなったところ 笑

ダイヤモンドは永遠と言いながら、いやダイヤモンドは多分減ってなく、くっつけていたのが剥がれたのかな?

で、このビットはとある用途で使っています。

現場はココ

階段です。

側がこんもり。

中身はビス。中心に打てなかった模様。

裏から逆回転で抜ければ一番良いのですが、おそらく気付いたときには裏も仕上げちゃって的な?

なので、先程のダイヤモンドビットでゴリゴリ削っていきます。

出っ張りをなくしたら、埋め〜

後は塗装で目立たなくしますよ

帰ったらビット買わなきゃ!

アマゾン検索。。。30本セット ¥855 。。。めちゃ安いしこんなに要らないし。。。ま、いいか

関連記事

  1. 補修の仕上げ方はお客様それぞれで変えています

  2. 床表面剥げ補修

  3. ロゴが出来たからいろいろアップデートしなきゃな話

  4. 筆塗り補修は色がすべてな話

  5. 磨き処理(ポリッシング)の話

  6. スケジュールは柔軟ですが無駄が多いともいえます