固定ビズの誤魔化し方

この写真の上にはテーブルがあります。

床面の固定ビス。チョットカッコ悪いなーということで消込です。

にしては、ビスちょっと大きいね。もうチョット細ビス使えばよかったのに。。。

で、3箇所で固定しているのですが、実はもう1本足があり、そしてさらに実はテーブル側にも固定してあり、要するに3×4箇所=12本の消込

おお、それは大工事ですよ!

で、とりあえずパテ埋め。ガチガチのやつ

パテ埋め後、着色。しかしこの段階で日が暮れて、ん〜あんまり自信ない。ライトで照らしながら作業なんですが太陽光当たるとズレやすいんですよね〜。別件でまた来ますので、違和感あったら修正しますね。

再訪問。ちょっと直したいとのこと。

どれどれ。

見え方1。うん。白い!

見え方2。うん。黒い!

こんなのよくあるんですよね、木の繊維の見え方方向性と、ペイントでは相対的に変化が出るというか、そんな事。

で、ペイントでどう対処するかといえば、一応ありまして

ペイントにパール粉入れると光が乱反射して、誤魔化せるって寸法で

全然わかんないですよね! 笑

こんな感じに仕上がります!

見え方1

見え方2

関連記事

  1. 若者のほうが未来のことを真剣に考えているということの話

  2. 日焼けで色抜けの床をなんとか色を入れる補うと

  3. 北海道の住宅は温かいから半袖って話

  4. 押入れのビス穴埋めですよ

  5. 田端信太郎という男

  6. シルバーの木目を書いた話