北海道の住宅は温かいから半袖って話

本日は新築補修でした。

特殊な工程でない限り、僕の入らせてもらうタイミングでは熱入れが開始していて、とても快適です。

ありがとうございます。

どの作業で、どんな職人さんでも快適であれば精度は上がるんでしょうが、補修作業の場合は適正温度って物がありまして、塗装の乾燥とかパテの硬化とか影響が出るんですね。

なので、単純に僕が寒くて我慢するのは良いのですが、施工に時間が掛かる環境であればそれは施工代金に反映せざるを得ず、ご理解いただいている業者様では良いタイミングで予定していただけてるのかなあと思っています。

ありがとうございます。

施工写真です

ご紹介は3点ほど。全てちっちゃいね。

床、ちょっと線傷。これだけ引きの画ですと僕もわかりませんが、トッププレイヤーのみ。なのでまあまあ簡単。

引き戸のくぼみ。透明で埋めるか、白で埋めるか。この感じは僕はたいてい白。でも2色混合。フィーリングという経験で。

ドア枠。さっきと同じ白。今度は欠けてるやつ。下が出てるのでもちろん透明はダメですよ。

ツナギは一年中半袖です。

寒いので長袖にしたくなるじゃないですか。

でも長袖で温かい室内に入ると、めっちゃ暑いんですよね。

ですから、冬はドカジャン着て脱いだら丁度良い感じ。

夏はというとやはり半袖なんですが、半袖腕肌だしだと削り粉とか腕につくと、不潔感丸出しなのでインナー長袖着用なんですね。

ということで、僕の作業着は年中この感じ。

何だこの写真って思いましたね。 笑

最近、名刺やらプロフやら更新するのに写真館で撮影してもらいました。

そのへんの話はまた今度。ありがとうございました。

関連記事

  1. 普通に? 床の凹み傷直し

  2. 基本的に夜間はしたくないんですが

  3. キャンピングカーの木部内装リペア

  4. アルミのキズ消し磨き仕上げやメンテの話

  5. 建材が水分を含むと膨らむ物があります

  6. (定期)基本補修の話をしようと思いましたよ