美装屋さんが取れない汚れ取れます。

美装屋さん。

いわゆるハウスクリーニング業者さんですが、一般ではなく法人向け、オープン仕上げ前の清掃だったり、住宅ですと引き渡し前の清掃できれいに仕上げるプロです。

で、僕のような補修屋さんはたいていその後、メーカーさんの社内検査だったりキズチェックをしてから、もしエラーがあればご依頼があるという流れです。

美装屋さんは隅から隅まで、そして当然ですがきれいにするのが目的ですから、明らかな汚れは残していきません。

ですが、トップのこんな写真はどういうことでしょう?

これ、”美装屋さんが残していった汚れ” ではなくて

”美装屋さんが取れなかった汚れ” ってことに僕はしています。

キズと汚れの違い

減ってしまったマイナスか 乗っかっているプラスか

マイナスは当然僕の仕事。プラスが除去出来ないのは、出来ないのか(物理的、科学的)無理やり取るとキズのリスクがあるからか

無理やりやってキズか怖いって感覚は、皆さんわかりやすいじゃないですか。

僕は ”直せますから”、思い切って除去にチャレンジ出来るんですよ って。。。そんな偉そうなことじゃないですけど、たまには言わせてもらいました!

で、さっきのはどうなのよ

こんなです! 簡単な汚れじゃなかったんですよ(ホントに 笑)

別物

糊が取れにくかったりしているときがあります。

キズもあったんですけどね。その1

キズもあったんですけどね。その2

仕上げ!

今週もお疲れ様でした!

関連記事

  1. モール材の固定釘隠し

  2. 新しい地図

  3. 上場会社の技術技能研修と上場会社の業務継承説明会の話

  4. ほんのちょっとしたサッシ補修

  5. Adobe Scan良いですよ

  6. 浴室の壁の塗装剥がれは、早めの対処が重要です。