ドアノブ交換の巻

来ましたよ〜 本業じゃないやつ!

でも面白い! 面白いの大好きです!

問題は失敗せずできるかなんですよね。自分ちのことなら失敗上等でやってますが、報酬がある仕事は失敗したら責任取らなきゃダメじゃないですか。

まあ、できるとこまでやってみてダメっぽかったら撤退作戦かな? ということでスタート

鍵無しから鍵付きに交換。ノブの部分だけ変えれば終わり。瞬殺じゃね?と思ったんですが、開けてみたら内部の穴径が違う。

じゃあ、穴径で開け直せばいいじゃないの? と思うでしょうが

穴を開ける工具は、中心点をキリで決めるタイプ。

これはすでに中心点がなくなっているんですよ。

どうする?

もうね。中心固定せず慎重に無理やりやる作戦。(腕固定!)

当然2ミリ位ブレるんですよ。

まあ、最悪 傷は直せばいいか! 笑

でもちゃんと付きました。

 

閉めてみた。閉まらん! こっちも変えなきゃダメだった。

彫り込みしないとダメなんですが。。。

ノミ持ってますよ。昔、帯広高等技術専門学院 で手工具の修行をしたのだ。1年で退学したけど 笑

丸まっているのをジャラっとほどく感じが好き

彫ります。(途中)

取り付け。で、完了でした。指定寸法で取付加工できれば問題ない仕事でした。

関連記事

  1. 夜は仕上がらないのでやっぱりやりたくない話

  2. コーキングもたまに頼まれます。

  3. 凹みのひどい床補修の話

  4. 補修したところはいつまでもつ?

  5. 新しい地図

  6. サッカー審判をする話