写らなくて 写らなくて やっと写ったガラスのキズ

ガラスのキズはホント写らないんですよ。

僕のカメラはiphoneXなんですね。すっごいカメラだと映るのかな?

しかし最近ようやく写せるコツを掴みました。

結局ピントをキズにあわせられればよいわけで

ガラスは当然透明で、普通に撮ろうとするとその先の背景に合わせようとオートフォーカスするんですね。

ですから、キズよりもう少しピントを合わせようとしやすいマークを付けよう作戦!

マスキングテープのカスですが 笑

ビッと合いましたよ。ピント

キズちっちゃ って言わない!

補修キズはこんなもんです。そんな派手なキズは対象外です。

お客様にとってはこのエラーでも商品にならないわけですから、交換? 補修?

補修のほうがお得でしょ って話です。

いつもの汚れ対策。

新築で僕が入るときはほぼすべてピカピカ。絶対汚しません

あの感じのキズでも実は深い傷の部類でして、2時間位かけてちょっとずつちょっとずつ処理します。

終了! キズは見えないのでただのガラスの写真。一応写して載せますがこの写真がスゲーってならないってとこもガラス写真のダメな所 笑

関連記事

  1. 施工方法を迷う大きさの床傷

  2. タッチアップでわからなくとラッキーです

  3. エコカラットのタッチアップ処理

  4. 地域のお祭でした。

  5. 撥水スプレーの原料を買ってみた話

  6. クローゼット棚板の取り付け不良