インフルエンサーの罪

基本的には僕はインフルエンサー肯定派です。

人が何を発言しても自由ですよ。自分の発言は自分で責任取るわけです。

不用意にダメな発言すると炎上して謝罪するハメになるのですが、叩かれる事をわかってそこから論破することで更に知名度を得るいわゆる炎上商法なんてのもありますし、流れを見ているだけで論理的な思考の練習になった気にもなります。

そもそも ”けしからん” みたいなことを言いクレームを入れて対案も示せない人はどうかしていますよ。

まあ、批判という発信をするのも自由なのですが、批判をしてそのことについて論破されて自分の能力が低いことをさらされるリスクとか考えてないんでしょうか?

でも、そこから学びがあって自分の能力が上がるから一時の恥が上等だ!と思っているのなら素晴らしいと思いますけどね。結局何も行動しない人よりはいいね。

 

インフルエンサーさん 最近のトレンドで

好きなことを仕事にしろとか

ブラック企業からは逃げろとか

大学や入試競争は無駄だとか

言って一部の人が熱狂してますが

彼らは全部やってますからね。大学も良いところに入学してその過程で努力もしっかりしていてめちゃくちゃ働いて、

経験した上で言ってるわけです。

最低限の教養、経験がなくオレは好きなことをやるぜって言ってもどうしていいかわかんないでしょ。

世の中そんなに都合よく行かなくて、どこかで頑張った経験がある人だけが好きなことを仕事にしようとかリスタートしたとき、好きなことだから全然苦に思わず長時間頑張れるからグッと伸びる時に効率よく成長するわけで、頑張ったことが無い人は、疲れたーやすもうーって思って、良い時を逃しちゃうわけです。

 

本を読むこと自体は良いことですから、いろんな人の本を読んで影響されるのは良いと思いますが、よく堀江さんの本の感想で、”何度も読み返してやる気を出し直しています”とか ”全部読んでます”とか見ますけど

だいたいおんなじこと書いてあるんじゃないの?笑

何回も読むとか、すぐ忘れちゃダメじゃないの?笑

とか僕は思っていますよ。ちなみに僕は堀江さんの本はゼロしか読んでませんし。他動力もタイトルで何が書いてあるかだいたい分かるしそれこそツイッターのみんなの発言で内容入ってきますし。

 

歴史を遡ると自由を求めて、定職につかずフリーターでやりたいことをやるみたいなのがカッコいいみたいな時代もありましたが、ほんの数パーセントの覚悟を決めた人はともかく、やりたいこともなく逃げている人は今どうしているんですか? 格差が悪いとか、政府が悪いとかそんな事いってちゃダメですよ。

みんなちょっと勉強したら自分で考えて行動しましょうね!失敗しても問題ないです。だれでも失敗しますよ。

ヤバかったら逃げましょう。そして迷惑をかけたならどこかで恩返しすればよいのです。

そして諦めない限り続けていればいつか成功します。

関連記事

  1. 住宅用ガラスのキズ直せます

  2. ガッツリ当たって凹んでも

  3. 下駄箱の陥没補修

  4. 床の接着剤除去の話

  5. いろいろ考え過ぎは良くない話

  6. 10年後の仕事図鑑