補修の仕上げ方はお客様それぞれで変えています

全て完璧に直せて予算内(もしくは僕の希望請求で満額いただければ)であれば、もちろん問題ないですがそんなことは少ないです。

ですから、ご予算が少し足りないなあと感じたら、この辺を少し妥協した仕上がりでも良いですか?とかいろいろ会話の中から探っていってます。

例えば、今日はサンディング

ご要望1番目はもちろんエラーを直して、外壁としての機能の延命をさせたい。

2番目、壁の下部がちょっと全体的に黒ずんでるのをなんとかしたい

逆に妥協点として、整形(テクスチャー)はあまり頑張らなくて良い(埋めただけでもOK)

石目の底色と上色は2色ですが1色塗装でも良い(100%色が合わなくてもOK)

そんなところをトレードオフとして方針が決まり実行決定

 

さあ、サイディング劣化のエラー事例の全部入り(表面剥がれ、穴貫通、苔汚れ付着、ひび割れ)

直しのキモはちょっと秘密ですよ。パテ埋め後写真から。色付きが触った場所ということです

整形が終われば塗装です。塗装は剥がれないように祈りつつ 笑

色をなんとか合わせたい!

1色で and 上部のきれいな場所と違和感なく and 汚れ黒ずみ色を消して

そんな and条件

1色ですがいきなりベローンと塗ったりしませんよ

今回はこの位を回答としました。もうちょっと明度上げ方向でもよかったですね。一度その方向もしたんですが 白ーーって思ったんですよねー

ビフォアーアフター(9時日陰スタート、16時夕日終了なので全体的にフィルターかかった色ですね)

関連記事

  1. 新築工場のアルミサッシ補修

  2. いろいろなんとなくな日(雑記)

  3. 床のピンネイル除去について

  4. 田端信太郎という男

  5. 塗装ものは塗ればきれいになるよって話

  6. 時間が余ったので破壊!