床のつなぎ目に入れたコーキングは縮むみたいですよ

めちゃくちゃ一部の人にしか役に立たない情報ですな 笑

おそらく新築施工時にすき間が目についてコーキング充填

急激に水分量が減ってこんなんなったのかな?

まあパテでもそうですが、練り物が固形化すると体積が減るのは常識ですね。

床の動きの可能性もちょっとあるので、コークでの対処は悪くないと思います。

今回のタイミングでは動きは少なくなっているはずなので、パテでカッチカチに埋めました。

埋める前にこのコークを全部除去するのがまあまあ大変でしたけど 笑

関連記事

  1. 浴槽割れ補修は強度確保が重要です

  2. 無垢材家具のキズ消しとメンテンナンス

  3. 商工会のこと考えてみましたよ

  4. 短時間補修の話

  5. 外壁の腐食 一部のみなら補修をおすすめします

  6. 筆塗り補修は色がすべてな話