有名人から刺激を受けた日の話

スピードスケート押切さんです。

中札内村出身なんですよ。

股関節の怪我に悩まされたそうですが、世界距離別選手権の団体パシュートで銀メダルを2回獲得。2017年12月に高木美帆さんに更新されるまでは、女子1500mの日本記録保持者(wikiより)

だそうで、平昌オリンピックでも最終的にチームパシュートからは外れたもののサポートし続けた幻の金メダリストです。

そんな押切さんの報告会(僕は娘と頑張った選手に会いに行った会)というわけです。17:30より

とても礼儀正しく小柄ながらアスリートとしての力強い体つきが印象的

本人の報告では平昌で引退するつもりだったんだけど、あんまり悔しいからまだ続けることにしたって決意を語っていて、めっちゃ負けず嫌いさすが世界のアスリートとか感じましたよ。

会場には主にスケート関係の少年団の子供から大人まで皆さん楽しそうに、会えて嬉しそうに、良い空気感でしたね

 

時間は遡って13:30からは大樹町にて西野亮廣さんと堀江貴文さんの講演会

こんなすごい2人の講演会なのにたった ¥2,500

ここも娘(小5)に聞かせて何かを感じさせてみたいと思い参加

ロケット関係で堀江さんがいたから実現した講演会

そんな大樹町でどんな話をするのか興味深かったのですが、西野さんは自己紹介でしたね。まあしょうがない。西野さんについての認識がある人は多分退屈。でもそんな人で特別な話が聞きたければサロン入れよって感じで、ターゲットは芸人西野はかろうじて知っていてもそれ以上は知らない人をいかにファンにさせるかって点に注力している段階だということをしっかり認識していることがなるほどねえって感じましたね。

エンタメ人としてもしっかりしていて要所要所でウケていましたしね

 

10分ほどクロストークを挟んで第2部 堀江さん

堀江さんの話は彼との関わり方で重くも軽くも感じる内容でしたね。

大樹町に住民票を移すほどロケットの実験場として関わりを重視している点。

南十勝にいてこれに関わらない人はどうかしていると僕は再認識しました。関わり方は人それぞれですが色んな人がこの関連事業で入ってきて動いていて、それを見せつけられて自分で考えて動かない人は一生動かない人ですね。

そのくらいのきっかけをくれているし、今後もやるからまあ見てなさいと

そんな講演会の開始時には大樹町町長からのご挨拶。めっちゃおしゃれなスーツでこの方わかってるねえ 笑

今の流れを作ったのがどなたかはわかりませんが、現状で大樹町町長というお立場であればそりゃベットするし今の大樹町でみんなロケット事業に乗っかろうぜって話で一致団結して話がまとまりやすくなるのはとても良いんだろうなあと感じました。

周りの自治体がだから負けに回るかというとそうではなくて、大樹町で集客する事をどう利用するかっていうしたたかさくらい考え準備しないといざ始まった時チャンスを棒に振るということにしておきたい話です。

関連記事

  1. 普段と違うことをするとやっぱり出来が悪い話

  2. 禁煙分煙問題の話

  3. ヘルメットのマーク消し

  4. 定期預金が見つかったよ!

  5. 自動車のボディーコーティングって何やってるの?

  6. 壁紙の色抜け補色