愛車のボディーきれいですか?

洗車  大抵の人はやってますよね

ちょっと好きな人はワックスとかまでやってるんですかね

 

じゃあ鉄粉取りは?

ココまで来るとほとんどいないかも

むしろ、そこまでやる必要あるの? くらい思ってますよね

 

今回はそこまでちょっとやってみませんかってお話

まず、車を洗車してみてください。

その後濡れたままのボディーを素手で撫でるように触ってみてください

ざらざら感 感じますか?

ざらざら感だけでなく、何か付着してる感

それはすべてゴミ(付着物)です

単純につるつるボディーのほうが汚れは付きにくいですので、結果以後の洗車も楽です

ここからがポイントですが

その洗車で落ちない付着物をどうやって取り除きますか?

決して洗車スポンジでゴシゴシしてはいけませんよ

取り除きたい汚れによって使うものは少し変わります

順序としては

①虫汚れ・・・虫除去シャンプーをまず使いたいです。普通の洗車シャンプーと違って虫の成分を溶かすように取れてくれます。

②鉄粉・・・鉄粉除去シャンプーと言うものもあります。使うとちょっと楽ができますがあんまり落ちないと思います。

洗車中は常に大量の水ですすぎ流しながら行ってください。

さて②と少しかぶるのですが頑固な鉄粉やスポンジ取れてくれない固着物をここから取り除きたいのですが

トラップ粘土です。すみません昔ながらの方法です。

色々試しましたが、手作業で丁寧に精度良くやるには今のところ粘土が良いです。

使い方のポイントは

①常に水で濡らしながら

②少し使ったら粘土をこねこね折り混ぜながら鉄粉などがついてない状態で滑らせ回収する。

この2点です。

鉄粉除去作業で一番気をつけたいのは除去作業そのものでキズを付けてしまうことです。

車体色が白系の場合はそれ程目立ちませんが、黒系はやらなきゃよかったと後悔するほど付きますので特にお気をつけください。

コーティング屋の場合この除去作業の後、ポリッシャーで磨き処理をしてキズを研磨除去してしますのそれほど問題でもないですが、今回皆様におすすめするのにそこまでしましょうとは言いたくないのでブロックごとに分けてじっくりやってくださいね。

 

作業終了後はせっかくなのでワックスなり、市販の撥水コートなり使って仕上げください。

 

 

 

トラップ粘土 熱が加わると柔らかくなります。ちょうど今気候的にも作業がやりやすいと思います。

冬になるとカチカチで難しいです。そろそろ虫も少なくなってきましたし一度お試しください。

 

関連記事

  1. ガラスのキズ消し補修

  2. 和室関係!

  3. 手すり凹み傷

  4. ヘルメットのマーク消し

  5. 引き戸の表面剥がれ

  6. パナソニック扉の裏をカラーチェンジ